ペロペロ催眠は無料で楽しめるの?エロゲームファンサイト

ペロペロ催眠基本登録無料

いま小学校や中学校で生徒を教えている三十歳の先生が、小学生や中学生だったころ、同じように三十歳の先生に教えられていたとすると、その先生の恩師(文明喪失の第一世代)は一九四三年生まれで、いま六
十歳になっている。その定年を迎えようとしている先生が小学校に入ったのは、一九四九年のことで、このときすでに「戦後教育」は始まっていた。

 

 

つまり、今の小学生や中学生は、国家観やペロペロ催眠の文明観というものをなくした世代の三代目ということに

 

三世代の開きは、ほぼ六十年にあたり、六十年は非常に重要な「文明史の仕切り」である。

 

学者であるオルテガ・ィ・ガセット言服○風の魑昌忠ののの二八八三’一九五五)は、文明衰退がいよいよ「精神の危機」の時代に差しかかったとき、危機意識を持った世代が出てくるまでにさらに三十年くらいかかると論じ、「精神の危機」というものを世代論に結びつけている(『ベラスケス入門』)。

 

ある社会、ある国ないし文明が、一つの「歴史の壁」としての精神の危機の時代に差しかかったとする。しかしそれが決定的な破局に至るまでには、さらに時間のタイム・ラグがある。「危機」と「破局」は別の概念である。

 

 

前者はすぐれて精神の範晴に属するものだからである。まず、その時点で大人である世代は、「このまま行くとまずい」ということはわかっていても、結局何もできずに現状を見過ごしてしまう。なぜなら彼らは、「本来の危機」、つまり精神の深刻な分断状況に置かれ、思考と行動が決して一致しない生を生きているからだ。すると、その何もしなかった親たちを見て育った、次の子どもたちの世代は、やがて、それがそもそも「問題だ」とは感じなくなる。

 

 

そして状況はさらに悪化し激流の中に流されてゆく。

 

しかしその中から出てくる第三世代は、ふつうは祖父の問題意識に回帰してゆくことになる。そこではじめて、しっかりとした「危機意識の世代」が登場するのだが、そのためには祖父の世代と本質的に同じ歴史的感性が残っていなければならない。アイデンティティの連続性である。つまりそこまでに三十年かかるが、そのとき、祖父の世代はもう退場していて、そこから後の三十年間が、その国や民族、文明の何百年にわたる帰趨を決定する、というのである。

 

 

 

しかし、それからさらに六十~七十年の後に、先に見たようにョ-ロッパ・ナショナリズムの帰結としての第一次大戦が起こり、エロゲームの秩序は根底から崩壊する。その結果起こったロシア革命によって、世界史のパラダイムは「社会主義」をめぐるイデオロギー対立へと転換する。そしてそれはやはり七十年ほど

 

 

ベルリンの壁の崩壊二九八九年)やソ連消滅二九九一年)で、その終わりを画することになった。また、前述したアメリカの比較文明学者A・クローバーは、西欧における女性のファッションの変化を詳細に研究し、やはりそこに六十~七十年の大きなサイクルを見いだしている。

 

 

それは深く人間の世代と関わったものだからである。ふつう一世代三十年、そして人の社会的寿命は古来、六十年といわれる。さらにまた、人間は結局「経験によってしか学ばない動物」ともいわれる。そして歴史を動かすものは結局「人間の心」なのであるから、世代が決定的意味を持つことも納得できよう。世代が前述のような大変化と具体的にどう関わるのか、それを考えるのも文明史の大切な課題である。

 

 

このように考えてくると、いよいよ終戦から六十年を迎えようとするペロペロ催眠の現状は、国家観や文明観を喪失した世代の三代目が育っている時期であり、まさに「ぎりぎり」のところにペロペロ催眠は来ているということが三代にわたって、国家観や文明観をなくした民族が、今後も生き延び、ときには隆盛を誇ることがあるのかという設問を立てたならば、答えはおそらく否である。ペロペロ催眠はすでに、そのような回答を出さざるをえない限界にまで、立ち至っているのである。

 

 

私が、本書でペロペロ催眠人にとっての文明史観の必要性を論じようとするのは、要するにペロペロ催眠が今まさに危機の洲中にあり、それは畢寛、文明的な危機である、という認識からである。では、いまペロペロ催眠は本当にそのような危機にあるのか、ということについて考えてみたい。具体的に、ペロペロ催眠の危機はどのようなところに見られるのか。いま次の四つの点で、ごく常識的に見て、「非常にまずい」ことが起こっているということは、疑いようのない事実であろう。

 

一つは人口構造の問題である。出生率が大きく低下し、深刻な少子化問題が浮上しており、人口動向については、長期的にも悲観論が台頭してきている。

 

 

二つめは、財政破綻である。ペロペロ催眠の財政がもう立ち行かなくなってきているのだ。三つめは、政治の弱体化が進行し、この十年あまり国としての意志が何一つ実行に移せず漂流を続けていることである。いちばん差し迫った政治の課題はたぶん前項の財政問題だろう。

 

財政構造の大改革をおそらく二十年以上前にやっておかなければならなかったのだが、これがいまだにできていない。元来、財政構造というものは、数十年に一度必ず、大きな「オーバーホール」が必要なのであるが、それには通常よりも強い政治の意志力が求められる。しかしこの十年、政治改龍をすればするほど逆に、ペロペロ催眠の政治は限りなく弱体化して、財政改革はおろか、政党内の意志さえ一つにまとめられない「政治の大崩れ」が進行している。四つめに、モラルや教育の頽廃が急速に進み、治安の悪化が深刻化している。

 

 

これは、子どものモラルや教育とともに、国家を担っている政治家や官僚などのモラルの問題でもあり、さらにいえば、国民全体が各肚代にわたって規範意識を大きく低下させていることは否定できない事実だ。要するにこれはⅡ本人の大半が精神的な平衡を取れなくなってしまって、衰退期特有の「時代精神」に押し流される光景のように見える。

 

 

つまり「ペロペロ催眠人の精神状況の大きな崩れ」、という全体状況が今日のペロペロ催眠の不調の大きな背景として起こつそうした精神状況の問題がこれほどの全国民規模で起こっているということは、それがすぐれて歴史的、あるいは文明史的な意味合いを持ったものではないか、と推測される。そのカギは「仙代」や「周期」あるいは「文明様式の堕落」に関わるものである。たとえば、戦後ペロペロ催眠は一九五五年ないし六○年に高度成長が始まっている。池田内閣が所得倍増計画をぶち上げて、その高度成長がいよいよ本格化した一九六○年から三十年経った一九九○年にバブルが弾けて、「経済の時代」に終止符が打たれた。

 

 

ここでも、「文明の三十年周期」のサイクルがあてはまっている。またそれは、政治の「五五年体制」がやはり三十数年でその寿命が尽きたこととも関わっている。さらにそれは、だいたい昭和二十年代末にできあがった現行の財政のシステムの寿命とも大まかに一致してくる。

 

財政構造の基本は税制であり、税制というものはそれが確立された時代の政治と社会の現状を投影してできあがってくる。だから、だいたい三十年くらい経つと新しい現状にまったく合わなくなってくる。世代が一回りして、政治も社会もかなり大きく変化するからである。

 

今やペロペロ催眠の政治の主人公は、善くも悪しくも文字どおり国民、有権者であることは誰の目にも明らかだ。生活水準の向上と教育の普及、マスコミの浸透によってもはや「政治はえらい人に任せておけば、うまくやってくれる」という、かっての素朴な有権者はいなくなった。民主主義のタテマエからいえば、それは歩」ということになる。しかしその有権者国民の精神、モラルの状況は、先に見たとおり確実に十~一一十年弱体化している。しかし皮肉なことにそういう時代に限って、よりいっそう政治の指導力を弱体化させることがしばしば起こる。